JavaScript【 サンプル 】5 ~ 画面サイズと使用ブラウザの取得方法

colmun_main8550

JavaScript の記述方法のサンプルを挙げてみます。
今回は、JavaScript の 画面サイズと使用ブラウザの取得方法についてのサンプルを紹介します。

目次

 
1.画面サイズの取得
2.ブラウザの判定

1.画面サイズの取得

 
画面サイズ( モニタ画面の解像度 )と、ウインドウサイズ( ブラウザの表示画面内部のサイズ )を表示します。
表示ボタンをクリックしてみて下さい。


 
画面サイズ    : 
 
ウィンドウサイズ : 

 
上のサンプルのソースコードは次の通りです。

<script type="text/javascript">
<!--
function disp() {

    getSize1();
    getSize2();
}

//画面サイズを取得する
function getSize1() {
    var size = "横幅 = " + screen.width 
               + "、 高さ = " + screen.height;
    document.getElementById("dat1").innerHTML = size;
}

//ウィンドウサイズを取得する
function getSize2() {
    var wid,hei,size;
    wid = window.innerWidth;
    hei = window.innerHeight;
    size = "横幅 = " + wid + "、 高さ = " + hei;
    document.getElementById("dat2").innerHTML = size;
}
//-->
</script>

<div style="background-color : #CCC;">
    <input type="button" value="表示" onClick="disp()">
    画面サイズ    : <span id="dat1"></span>
    ウィンドウサイズ : <span id="dat2"></span>
</div>

 
画面サイズは「 screen.width( height ) 」で、ウィンドウサイズは「 window.innerWidth( innerHeight ) 」で取得できます。
 
 
他にも、次のようなサイズを取得することができます。

画面の利用可能領域( 横幅 )
画面の利用可能領域( 高さ )
ウインドウの外観( 横幅 )
ウインドウの外観( 高さ )
ドキュメント全体( 横幅 )
ドキュメント全体( 高さ )
ドキュメントの表示領域( 横幅 )
ドキュメントの表示領域( 高さ )

 
上記の各サイズを取得するソースコードは次の通りです。

    //画面の利用可能領域( 横幅 )を取得
    screen.availWidth;
    //画面の利用可能領域( 高さ )を取得
    screen.availHeight;


    //ウインドウの外観( 横幅 )を取得
    window.outerWidth;
    //ウインドウの外観( 高さ )を取得
    window.outerHeight;


    //ドキュメント全体( 横幅 )を取得
    document.body.clientWidth;
    //ドキュメント全体( 高さ )を取得
    document.body.clientHeight;


    //ドキュメントの表示領域( 横幅 )を取得
    document.documentElement.clientWidth;
    //ドキュメントの表示領域( 高さ )を取得
    document.documentElement.clientHeight;

▲目次へ戻る

 

2.ブラウザの判定

 
現在ご使用中のブラウザを判定します。
現在の状況に応じてボタンをクリックしてみて下さい。

 ご使用中のブラウザ : 

 

 ご使用中のモバイル : 

 
上のサンプルのソースコードは次の通りです。

<script type="text/javascript">
<!--
function disp_p() {

    var userAgent = window.navigator.userAgent.toLowerCase();

    if(userAgent.indexOf("msie") != -1 || userAgent.indexOf("trident") != -1) {

        document.getElementById("dat1").innerHTML = "Internet Explorer";

    } else if(userAgent.indexOf("edge") != -1) {

        document.getElementById("dat1").innerHTML = "Edge";

    } else if(userAgent.indexOf("chrome") != -1) {

        document.getElementById("dat1").innerHTML = "Google Chrome";

    } else if(userAgent.indexOf("safari") != -1) {

        document.getElementById("dat1").innerHTML = "Safari";

    } else if(userAgent.indexOf("firefox") != -1) {

        document.getElementById("dat1").innerHTML = "FireFox";

    } else if(userAgent.indexOf("opera") != -1) {

        document.getElementById("dat1").innerHTML = "Opera";

    } else {

        document.getElementById("dat1").innerHTML = "すみません。不明です。";
    }
}


function disp_m() {
    var userAgent = window.navigator.userAgent.toLowerCase();

    if(userAgent.indexOf('iphone') != -1) {

        document.getElementById("dat2").innerHTML = "iPhone";

    } else if(userAgent.indexOf('ipad') != -1) {

        document.getElementById("dat2").innerHTML = "iPad";

    } else if(userAgent.indexOf('android') != -1) {

        if(userAgent.indexOf('mobile') != -1) {

            document.getElementById("dat2").innerHTML = "androidのスマートフォン";

        } else {

            document.getElementById("dat2").innerHTML = "androidのタブレット";
        }

    } else {

        document.getElementById("dat2").innerHTML = "すみません。不明です。";
    }
}
//-->
</script>

<div style="background-color : #CCC;">
    <div style="display:inline-flex; align-items: center;">
        <input type="button" value="パソコン" onClick="disp_p()">
        ご使用中のブラウザ : <span id="dat1"></span>
    </div>
 
    <div style="display:inline-flex; align-items: center;">
        <input type="button" value="モバイル" onClick="disp_m()">
        ご使用中のモバイル : <span id="dat2"></span>
    </div>
</div>

 
例えば Google Chrome を使用している場合には、「 window.navigator.userAgent.toLowerCase(); 」で取得する値は「 mozilla/5.0 (windows nt 10.0; win64; x64) applewebkit/537.36 (khtml, like gecko) chrome/63.0.3239.84 safari/537.36 」のような内容ですので、chrome の他に mozilla や safari の文字列も含まれてしまいます。

ですので、PCのブラウザ判定をする際には、判定する順番が重要になってきます。

Safari より Chrome を先に条件分岐させる必要があり、Chrome より Edge を先に条件分岐させる必要があります。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です