JavaScript【 Date 】1 ~ Dateオブジェクトで日付を取得

colmun_main7268

JavaScriptのDateオブジェクトを使うと、現在の日付や時刻を取得したり、特定の日付までの日数を計算したり、その他日付や時刻に関する色々な処理を行うことができます。
今回は、Dateオブジェクトの基本的な使用方法について紹介します。

目次

 
1.Dateオブジェクトとは
2.システム日付を取得
3.Dateオブジェクトのメソッド一覧

 

1.Dateオブジェクトとは

 
Dateオブジェクトは、日付や時刻を扱うためにJavaScriptで予め用意されているオブジェクトです。

Dateオブジェクトには、様々なメソッドが定義されており、これらを使用することで、時間の計算や日付の換算等をシンプルに行うことができます。
 
Dateオブジェクトは、次のように記述して作成します。

(1)new Date();

(2)new Date(value);

(3)new Date(dateString);

(4)new Date(year, month[, day[, hour[, minutes[, seconds[, milliseconds]]]]]);

(1)引数無しの場合は、現在日時( システムで設定された日時 ) の Date オブジェクトが生成されます。

(2)valueには、「 1 January 1970 00:00:00 UTC 」からのミリ秒数を表す整数値を指定します。

(3)dateStringには、日付を表す文字列を指定します。

(4)yearには、年を表す整数値を指定します。
 この場合、0 から 99 までの値は、1900 から 1999 の値にマッピングされますが、2000年問題等を回避するためにも、なるべく完全な年を指定します。

 monthには、月を表す整数値を指定します。
 この場合、月は 0 ~ 11 までの整数値で表されるため、1月は 0 を、12月は 11 を指定します。

 day、hour、minute、second、millisecond は、指定しなくても良い任意の引数です。
 dayは 日(1~31)を、hourは 時(0~23)を、minuteは 分(0~59)を、secondは 秒(0~59)を、millisecondは ミリ秒(0~999)を、それぞれ整数値で指定します。
 
 
実際に、Dateオブジェクトを使用する際は、次のように記述します。

var day1 = new Date();
var day2 = new Date("October 31, 2017 14:05:34");
var day3 = new Date("2017-10-31T14:05:34");
var day4 = new Date(2017, 9, 31);

上記の変数 day1 ~ day4 を出力すると、次のように表示されます。

(1)day1:
(2)day2:
(3)day3:
(4)day4:

このような形の値を、必要なフォーマットに変換して使用します。

▲目次へ戻る

2.システム日付を取得

 
Dateオブジェクトのメソッドを使用すると、基本データから、年や月、日、などを取得することができます。

「new Date();」でシステム日時の基本データを取得した後、色々な値を取得してみます。

●システム日時の基本データを取得
 var 変数名 = new Date();

●4桁の西暦年を取得
 変数名.getFullYear();

●月を取得( 1月が 0 ~ 12月が 11 となる )
 変数名.getMonth();

●日にちを取得
 変数名.getDate();

●曜日を取得( 日曜日が 0 ~ 土曜日が 6 となる )
 変数名.getDay();

●時を取得
 変数名.getHours();

●分を取得
 変数名.getMinutes();

●秒を取得
 変数名.getSeconds();

 
基本データから取得した値は、例えば次のように使用します。

var today = new Date();

var str = "只今、"
    + today.getFullYear() + "年"
    + (today.getMonth() + 1) + "月"
    + today.getDate() + "日の"
    + today.getHours() + "時"
    + today.getMinutes() + "分"
    + today.getSeconds() + "秒です";

getMonthメソッドの返り値は、1月が 0 ~ 12月が 11 となるので、「 today.getMonth() + 1 」として月を取得します。

上記の変数 str を出力すると、次のように表示されます。

 
 
曜日を取得したい場合は、getDayメソッドを使用して、曜日に変換します。

var today = new Date();

var week = ["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"];

var str = "今日は、" + week[today.getDay()] + "曜日です";

getDayメソッドの返り値は、日曜日が 0 ~ 土曜日が 5 となるので、返り値がインデックス番号として利用できるような配列 [“日”, “月”, “火”, “水”, “木”, “金”, “土”] を定義します。

上記の変数 str を出力すると、次のように表示されます。

▲目次へ戻る

3.Dateオブジェクトのメソッド一覧

 
Dateオブジェクトには、次のようなメソッドが用意されています。

getDate 日にちを返す
getDay 曜日を返す(0~6、日曜~土曜)
getFullYear 4桁の西暦年を返す
getHours 現在の時間を返す
getMilliseconds ミリ秒(1000=1秒)を返す
getMinutes 分を返す
getMonth 月を返す(0~11、1月~12月)
getSeconds 秒を返す
getTime 1970年1月1日午前0時からの経過時間(秒数)を返す
getTimezoneOffset 世界協定時間との時差を返す
getUTCDate 世界協定時間の日にちを返す
getUTCDay 世界協定時間の曜日を返す(0~6、日曜~土曜)
getUTCFullYear 世界協定時間の4桁の西暦年を返す
getUTCHours 世界協定時間の現在の時間を返す
getUTCMilliseconds 世界協定時間のミリ秒(1000=1秒)を返す
getUTCMinutes 世界協定時間の分を返す
getUTCMonth 世界協定時間の月を返す(0~11、1月~12月)
getUTCSeconds 世界協定時間の秒を返す
getYear 年(西暦の下2桁)を返す
parse 1970年1月1日午前0時から指定した日付までの経過秒数を参照
setDate 日にちを設定する
setFullYear 4桁の西暦年を設定する
setHours 現在の時間を設定する
setMilliseconds ミリ秒(1000=1秒)を設定する
setMinutes 分を設定する
setMonth 月を設定する(0~11、1月~12月)
setSeconds 秒を設定する
setTime 1970年1月1日午前0時からの経過時間(秒数)を設定する
setUTCDate 世界協定時間の日にちを設定する
setUTCFullYear 世界協定時間の4桁の西暦年を設定する
setUTCHours 世界協定時間の現在の時間を設定する
setUTCMilliseconds 世界協定時間のミリ秒(1000=1秒)を設定する
setUTCMinutes 世界協定時間の分を設定する
setUTCMonth 世界協定時間の月を設定する(0~11、1月~12月)
setUTCSeconds 世界協定時間の秒を設定する
setYear 年(西暦の下2桁)を設定する
toGMTString グリニッジ(GMT)標準時間を文字列として返す
toLocalString ローカル(地域別)時間を文字列として返す
toUTCString 世界協定(UTC)時間を文字列として返す
UTC 1970年1月1日午前0時から指定した日付までの経過秒数を返す

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です