まだ間に合う!20代のうちにTechAcademyでプログラミングに挑戦してみては?

4e45fbc0f70dac84725973237f5658cb

20代のうちにプログラミングスキルを学ぶべし!

転職していく同期や、キャリアアップに成功する先輩を見て、「自分はこのままのキャリアでいいんだろうか?」とふと思ったことはありませんか?憧れたり焦ったりしつつ、自分の実力に急に不安になったりしてしまうのではないでしょうか。
20代だからこそ、先の長い社会人生活を見据えて、プログラミングスキルを学習してくことは将来への何よりの投資になるのではないでしょうか。
スキルを身に付け、すぐに新しいキャリアへ進み、今描いているキャリアや将来像と違った未来を目指すこともできるのが今のタイミングなのではないでしょうか。
これからの現役バリバリで働くことのできる30代、40代に備えて、自分への投資にお金と時間を使ってみてはいかがでしょうか。

オンラインブートキャンプでプログラミングを学べるTechAcademy

テックアカデミー
プログラミングを学べるスクールは多くありますが、自分のスケジュールに合わせて、深夜にも学習を行えるオンラインスクールがおすすめです。オンラインスクールでは、CodeCamp、TechAcademy [テックアカデミー]、テックキャンプ、Progate等が有名ですが、今回はTechAcademyをご紹介します。

TechAcademy [テックアカデミー]は、今までプログラミングに全く触ったことがない人が一から学べるオンラインのプログラミングスクールです。現役エンジニアの指導を受けながら、目的に合わせて様々なプログラミング言語を学ぶことができます。特に、マンツーマンでメンタリングを受けながら8週間で4つのWebサービス開発を行うオンラインブートキャンプという形式が人気を集めています。

20代のうちにプログラミングを身に付け、キャリアの可能性を拡げていく。

TechAcademy [テックアカデミー]でプログラミングを学ぶということは、プログラミングの基礎がわかるビジネスマンになれるということです。
入社してから目の前の仕事に打込む日々を続けている方も、趣味との両立をうまく行いながらの社会人生活を過ごしている人も、どこかのタイミングで思い切って時間をとり、自分のスキルアップに投資してみることで、30代、40代のキャリアの可能性や幅を広げることができます。

現在の日本社会では、IT企業だけでなく、どの業界にいてもITへのニーズがあり、”ITを理解している”ビジネスマンへのニーズが高まっています。
プログラミングを学んでおくことで、IT業界でのエンジニアとしてのキャリアだけでなく、ITを必要とする各業界の最先端の企業へのキャリアも広がります。そして、もちろんITスキルを活かしてフリーランスとして独立、個人事業主として生計を立てていくことも可能になります。
引退までの先の長い社会人生活を考える上で、プログラミングスキルを身に付けておくことで、業界や会社にとらわれない、自由なキャリアの可能性を拡げていくことができます。

深夜でも受講可能!生活スタイルに合わせた学習スケジュールがたてられる!

平日は定時に仕事を終えられる日もあれば、残業になって帰りが遅い日もあるかと思います。こうした生活では、オフラインのスクールのような毎日決まった時間に受講するタイプの学習方法では、継続していくのことがなかなか難しいものです。
ですがTechAcademy [テックアカデミー]では、決められたカリキュラムを読み、作業を行います。そして疑問点などをすぐにメンターの方に質問し、解決していく、という形で学習しています。自習し、わからないところや挫けそうな場面でメンターの方と1回30分のビデオチャットで話して継続していく、という形式です。固定された拘束時間はなく、自分の空いている時間での自習と、スケジュールに合わせて1回30分のメンタリングを予約する、という形なので、飲み会や残業の予定に合わせた学習スケジュールを柔軟に立てて進めることができます。
もちろん土日祝日にじっくりと学ぶというスケジュールも可能ですので、平日が忙しい方も無理なく受講できます。

「自分で作る」経験で受託できるレベルのスキルを身に付けて副収入も可能

TechAcademy [テックアカデミー]ではコース中の課題として、ウェブサービスやアプリケーションの作成を行っています。わからないところや躓いたところではすぐに質問ができ、週に一回のメンタリングでも専任メンターからアドバイスを貰うことができます。実際に自分自身でサービスを作る経験とスキルを身につけることで、ITやプログラミングといったものへの苦手意識、「よくわからないもの」といった考えを変えることができます。

こうした「自分で作る」経験があれば、受託等の副収入へのハードルがかなり下がります。つまり、TechAcademy [テックアカデミー]で実際に作りながら得たスキルで、受講後にすぐにコース中の課題と同様の案件を探して、受託制作などを行っていくことができます。クラウドソーシングではこうしあ案件は1件数万〜十数万程度の報酬にもなっています。土日の空いた時間を利用して、こうした案件に取り組み、毎月の収入を増やすことも可能になります。趣味や遊びだけでなく、自己投資や結婚など、お金が必要な場面が多い20代からこうした副収入を得ることで生活に余裕を持つことができるようになります。

TechAcademyでは8月21日24時まで割引キャンペーンを行っています。この機会にぜひ一度試してみてはいかがでしょう。
「TechAcademy [テックアカデミー]」公式サイトへ >>