就活にまだ間に合う!TechAcademyでキャリアの可能性を広げよう!

2945f0e2728a0e602e5b8cf204ae4f4a

ここ数年、最も成長著しく、就活生にもかなり人気の高いIT業界ですが、IT業界は常に人材不足に悩まされています。IT企業はもちろん、実際に開発を行えるエンジニアを求めていますが、同時に、エンジニアリングも理解できるビジネス、営業サイドの人材も募集しています。プログラミングを学んでおくことで、エンジニアとしてのキャリアだけでなく、IT業界でのビジネス営業職へのキャリアとしての可能性も広げていくことができます。

文系でも、ビジネス営業職志望でも、プログラミングスキルは効果バツグン

文系の学生にも人気の高いIT業界ですが、やはり授業などでプログラミングに触れたことのある理系の学生に比べて、就職は不利と言われています。しかし、理系の学生だあったと言っても、実際にサービスを開発したことがない学生がほとんどです。
ビジネス・営業職を志望した就職活動においては、プログラミングに触れたことがあるだけでなく、自分でサービスを開発、運営した経験が大きく評価されます。

つまり、就職活動が本格的に開始するまでの半年間、プログラミングを学び、サービス開発を行うことで、IT業界への就職に非常に有利な経験と知識を得ることができます。

オンラインブートキャンプでプログラミングを学べるTechAcademy

短期間でプログラミングを学べるスクールは数多くあります。オンラインでは、CodeCamp、TechAcademy [テックアカデミー]、テックキャンプ、Progate等が有名ですが、今回はTechAcademyをご紹介します。

TechAcademy [テックアカデミー]は、今までプログラミングに全く触ったことがない人が一から学べるオンラインのプログラミングスクールです。現役エンジニアの指導を受けながら、目的に合わせて様々なプログラミング言語を学ぶことができます。特に、マンツーマンでメンタリングを受けながら8週間で4つのWebサービス開発を行うオンラインブートキャンプという形式が人気を集めています。

プロのエンジニア講師の方とのメンタリングで考え方を学べる

TechAcademy [テックアカデミー]では週に2回、メンターとマンツーマンでのメンタリングがあります。メンターは経験豊富なエンジニアの方ばかりです。つまりIT業界の先輩の方々から週に2回メンタリングを受けることができます。
プログラミングに関する質問だけでなく、今現在現場ではどのようなプログラミングが好まれるか、どんな人材がIT業界では必要とされているのかといったこともメンタリングを通して学んでいくことができる機会があります。これにより、IT企業で働くにあたっての考え方もプログラミングと合わせて身に付けることができるのです。

プログラミングの基礎がわかるビジネスマンになれる

プログラミングを学ぶということは、エンジニアへのキャリアだけでなく、ITの基礎がわかるビジネスマンとしてのキャリアにも繋がります。
IT業界にも色々な職種がありますが、入社してからだと自分に割り当てられた仕事内容を覚えるだけでも精一杯の日々が続きます。つまり、プログラミングをじっくり学ぶ時間がしばらくは取れなくなります。ですので時間がとれる今がプログラミングを学ぶチャンスです。きっとプログラミング技術を知っていることで他の非エンジニアにも差をつけることにもなり出来るビジネスマンとして活躍することにも繋がります。

TechAcademyでは8月21日24時まで、学生の方を対象にした10,000円割引キャンペーンを行っています。この機会にぜひ一度試してみてはいかがでしょう。
「TechAcademy [テックアカデミー]」公式サイトへ >>