【侍エンジニア塾】評判・口コミを検証

スクリーンショット 2017-04-19 14.41.43

侍エンジニア塾はこんな人にオススメ!

侍エンジニア塾は、“カスタマイズできるカリキュラム”が 売り!!
・現役エンジニアで、Web系企業への転職や、フリーランスとして独立を目指している方
・非エンジニアで、独学でプログラミングの勉強をしているけれど、行き詰り、先に進めないでいる方
・カリキュラムを自分流にカスタマイズしたい方
・40~60万円前後の受講料を支払える方
・オンラインで自分の希望時間に合わせて勉強したい方

こんな人には難しいかも!!
・PCを日常的に使い慣れていない方

侍エンジニア塾の概要

URL http://www.sejuku.net/
価格 ・1ヶ月コース:138,000円(税別)
・3ヶ月コース:378,000円(税別)
・6ヶ月コース:598,000円(税別)
ゴール ご希望に合わせて、どのような技術でも対応可能
・1ヶ月コース(例):フロントサイドの開発スキルの習得
・3ヶ月コース(例):アプリケーション開発の基礎スキルの習得
・6ヶ月コース(例):自分オリジナルのアプリケーションを開発
勉強スタイルと特徴 ・Googleハングアウト または Skypeを使ったオンライン形式
・一人一人、オーダーメイドのカリキュラムを作成&利用
・講師とマンツーマン
・一回の授業時間は約90分
年齢層 30代が一番多い
受講者例 ・SIerに勤務していて、Web系に転職をしたい
・現役エンジニアで、プログラミングスキルを身に付けて、フリーラン
 スとして働きたい
・異業種からエンジニアに転職したいと考えていて、独学でもプログラ
 ミングを勉強しているけれど、行き詰っている
入学審査
事前に準備が必要な物 ・Windows7以降またはMacOS10.7以降を搭載したパソコン
利用可能時間 / 授業回数 朝8時~22 時 (定休日無) / 受講期間内なら無制限(※平均1~2回/週)
講師 ・約30人
・全国にいる現役フリーランスエンジニア
・20代若手から50代のベテランまで
勉強サポート 有:オンライン上での質問し放題サービス
就職サポート 有:オンライン上での質問し放題サービス、就職活動に向けた指導
卒業後の進路 ・Web系のITベンチャー
・フリーランスとして独立
など
sejuku_main

営業マネージャー 兵 政和さんにお話しをお伺いしました!

勉強は、Skypeを使った講師との「マンツーマン」スタイル

【Q】御社の学習システムについて教えてください

カリキュラムは「マンツーマンレッスン」「オンライン」の2つをご提供しています。

「オンライン」は、独学の為の支援環境とコミュニティを提供するもので、業界では初のサービスだと思います。Facebook上で運用しているんですが、月3,000円で質問し放題のサービスで、今ですと会員が350人から400人程になっています。既にエンジニアとして仕事をしている方が、日々の業務の疑問点を解決する為に使ったり、全くの未経験の方が勉強のやり方を聞く為に使ったり、あと、2週間に1回イベントも行っているので、日々の交流を深める、といったことに利用していただいています。

「マンツーマンレッスン」は弊社の主軸の学習システムです。一人一人、自分の目指すゴールに向かうまでのステップというのはいくつかあると思うのですが、その為のステップを、全部ウチという一つの会社でできるようになっているのが特徴です。フリーランスエンジニアになる、知識を取得する、開発スキルを習得する、仕事を獲得するなど、ゴールは人それぞれだと思うのですが、その全てをフルサポートしています。

【Q】質問し放題のサービスですが、質問から回答までのスピードはどれくらいですか?

オンラインでの営業時間が午前9時から21時までなのですが、営業時間内の場合には、基本的に3時間以内で返答しています。営業時間を過ぎてからの質問の場合には、翌営業日の午前中までに返答します。

カリキュラムはフルオーダーメイド

【Q】主軸の「マンツーマンレッスン」について、詳しく教えていただけますか?

生徒さんは、現段階のスキルレベルや、学習の目的、学習に割ける時間がバラバラですので、カリキュラムはオーダーメイドで作っています。その方の状況をヒアリングして、プログラミング言語の選定、教材の選定・作成などを、全てフルオーダーメイドで行いますので、ゴールから逆算して、一番その方が身に付けたいスキルをピンポイントで、無駄なく学べるようになっています。

あと、マンツーマンレッスンでは専属の講師をお付けしています。よくあるようなメンターが何人かいて、という形ではなくて、その方専属の現役フリーランスエンジニアが付くんですが、全国からレベルの高いエンジニアを採用しています。条件はかなり厳しくしていて、開発経験があって、なおかつ指導経験もあるような、教えることに関してもプロであることを最低条件にしています。専属だと人間関係も築きやすいので、担当が変わるごとに状況を確認するといった、無駄も一切省けるようになっています。
選択コースの範囲内でしたら、講師への質問と、週に組めるレッスン回数は無制限です。
ただ、じゃあ週7日、毎日みっちりマンツーマンでレッスンをやったからといって、スキルが身に付くものでもなくて、自己解決をする時間と量、その質を上げていくことも同時に必要だと考えています。ですので、自分でやる時間と、講師とレッスンで勉強する時間とが、半々くらいがちょうどいいとオススメさせていただいています。
弊社では、カリキュラムを終えること自体が大事なのではなくて、卒業した後が大事だと思っていて、誰かのサポートが無くても、生徒さんだけで開発する力・解決する力や、仕事を獲ってくる力・作る力を付けることを教育の目的としています。

【Q】フルオーダーメイドでカリキュラムを作るのは大変ではないですか?

はい。かなり大変です(笑)。弊社が作っている学習教材があるので、それをベースにしつつ、既存の学習サイトや、既存の書籍からある部分を抜粋してきたりしながら作っています。
なので、全部が全部、ゼロから全てをオリジナルで作る形式ではないんですが、既存のモノを使いながら、その方にぴったりの物を作って用意しています。作る時間はだいたい5時間くらいですかね。

【Q】中には無茶なオーダーもありますか?

ありますね(笑) 例えば、未経験から2ヶ月で人工知能を作りたいですとか(笑)、規模が大きなサービスで外注したら数千万円単位になるようなサービスを作りたいですとか。
その場合には、無理な物は無理だと伝え、「期間内でこれなら出来ますよ」ということを伝えます。でも、ゲーム制作や機械学習、iOSやAndroidのスマホのアプリ、Web全般のサービス、フロント側・サーバー側、プログラミング言語全般と、弊社が対応できる幅自体は広いと思っています。

一人一人の希望に合った専任の講師を紹介

【Q】フリーランスの講師は、今だと何人くらいいらっしゃるんですか?

今は30人くらいです。随時、全国から採用をしているんですが、毎月15人くらいの面接をしているのでどんどん増えてきていますね。数年後には、200人体制を目指しています。
年齢層は、学生の頃からずっとフリーでやっていてプログラミング歴6年の22歳の若手から、経験を積んだ50歳くらいのベテランまでと、幅は広いです。

【Q】生徒さんと講師はどのようにマッチングさせているんですか?

「優しい人がいい」とか「ナマケ癖があるので厳し目の人がいい」とか、「●曜日に勉強がしたい」「●●のスキルがある人がいい」ですとか、事前に希望をヒアリングして、弊社側でマッチングをしています。スタートした後に合わないということであれば、途中で変更することもできるんですが、今のところはまだ無いですね。
ゆくゆくは、講師の顔をサイトなどに出して、生徒さんが選べるようにしたいんですが、現段階だとそれはまだ出来ていなくて、これからとなっています。

sejuku_02

一番人気は6ヶ月コース 自分オリジナルのサービス作りを目指す

【Q】マンツーマンレッスンは、6ヶ月・3ヶ月・1ヶ月とありますが、一番人気はどれですか?

6ヶ月ですね。値段は結構するんですが、マンツーマン形式の中では相場だとも思っています。
1ヶ月の物はフロトンサイドを勉強するという内容なんですが、フロントサイドの開発というのは独学で行けなくもないので、正直、これにお金を払うのはどうなのかな、、と私も思っています(笑)。検討している方との面談の時に、このことは伝えています。なので、1ヶ月を選ぶ方はほぼいないですね。

3ヶ月の場合は、アプリケーションを作るんですが、簡単な要件定義とか、必要な機能追加や、フレームワークとか周辺ツールを使えるようになる為のスキルを習得していただくという基礎コースになっています。

6ヶ月は、3ヶ月の内容を経た後に、3ヶ月間で自分オリジナルのサービスを作っていただきます。全くゼロの状態から企画、設計、開発、リリース・運用、全てを行います。アプリケーションを作ったというだけですとあまり評価されないんですが、オリジナルのサービスを作るというのは難しいことなので、それを作り上げたとなると、仕事獲得に繋がりやすくなるんですよね。その効果を求めて来る方が多くて、生徒さんの6割強は6ヶ月コースを選んでいます。
3ヶ月コースを選ぶ方は、転職したい時期が決まっていて、決まったその期間までに最低限スキルを身に付けたいという理由の方が多いですね。

カリキュラム例 (3ヶ月コース)

学習内容 ・HTML, CSS, JavaScript 基礎 (2週間)
・Ruby 基礎 (2週間)
・Rails 基礎 (1ヶ月)
学習期間 1.5~2ヶ月を目安にマスターすることを目指す
学習成果 ・基本的なWebサービスの必要機能の開発スキルの習得
(簡易ブログ、簡易ツイッターのようなものが作成可能)
プラス可能なオプション ・jQueryまたは Vue.js などの JavaScript フレームワークの学習
・AWSなどのクラウドサービスの使い方と Capistrano を使った Rails デプロイの関連についての学習

【Q】1回のレッスンはどのようになっていますか?

時間は1回につき90分くらいです。授業の時間帯は、真夜中はちょっと難しいんですが、朝8時から23時まで対応しています。
あとは、レッスン以外の時間でも、随時、営業時間内であれば、テキストで講師に質問をすることが無制限にできるようになっています。

sejuku_03

受講生で多いのは、セカンドキャリアを目指す人

【Q】生徒さんはどんな方が多いですか?

まず、男女比は半々くらいです。ウチですと、中には主婦といった女性の方もいらっしゃいます。
年齢層は30代の方が一番多いですね。セカンド・キャリアを考えている方が多いというのと、主婦の方だと、育児と両立したいので、在宅で仕事をしたいという方からのお問合せが多いです。

ご経歴は本当に色々で、元々SIerでエンジニアとして働いていて、そこからWeb系にジョブチェンジをしたいという方ですとか、全く畑違いの営業の方ですとか、事務の方とか…。あとは、スキルを身に付けてフリーランスになりたいという方が多いです。

【Q】新規でご入学する方は、毎月何人くらいですか?

今だとまだ少なくて、毎月20人くらいですね。一人の講師が3~4名の生徒さんを担当させていただいています。

【Q】受講生や卒業生の方は、お互いに交流したりするんですか?

オンラインのサービスが、受講中は無料で、卒業後も有料ではあるんですが使えるので、その中で日々の業務の質問をしたり、あと、イベントに参加をしてくれる方が結構いますね。
イベントは色々あって、GitHubを使って、現地あるいはリモートで参加してもらってプチ・ハッカソンをやったり、仕事獲得する為のノウハウを学ぶセミナー研修をやったり…。あとは、懇親会という、ただの飲み会もあったりします(笑)。
2週間に1回、必ず何かしらのイベントを行っていて、社員が企画をするんですが、生徒さんの中にも部活みたいな感じで自発的にやってくれている方もいます。その中の一つに「もくもく会」というのがあるんですが、それは会員さん同士が集まって黙々とプログラミングをやる会でして…。一人で黙々する、でもいいんですが、横に誰かがいてたまに話す、というのがいいらしいです(笑)。

【Q】御社の学習カリキュラムは、どのような方に向いていると思いますか?

独学でやっていたけれど、挫折してしまった方ですかね。今だと無料で勉強できる学習サイトがたくさんあると思うんですが、そこで勉強をしていて、限界を感じた方ですとか。
あとは、ライフスタイルを抜本的に変えたいと考えている方ですね。フリーランスになりたいとか、Web業界に転職したい方ですとか、起業をしたい方ですとか。今の現状に不満・不安を抱えている方はマッチすると思います。

【Q】これまでに、カリキュラムを途中で辞めてしまう方はいらっしゃいましたか?

今のところはいないですね。そうならないように、毎週毎週、講師と本社メンバーで、進捗管理やモチベーションを保てるよう、フォローをしています。
あと、体調が悪くなってしまったり、仕事が忙しくなって勉強ができなくなってしまったといった場合には、休学申請ができるようになっています。1ヶ月とか、1週間とかお休みをして、その分を消化しないで繰り越せるようになっていて、その方のご状況に合わせて柔軟に対応するようにしています。

スタート当初はサービスに色んな問題があったが、今は大幅に改善

【Q】Web上の書き込みをみると、「質問してもまともに返ってこない」「勉強した後、仕事につけない」といったマイナスな意見がありますが、これに対してどう思われますか?

まだサービスが立ち上がって整備が出来ていなかった頃は、正直にお伝えすると、十分な対応ができていなかったことがあったと思います。
そこから改善を重ね、カリキュラム内容やインストラクターの質などは、以前より良くなってきていると思っており、仕事獲得サポートにも力を入れ始めているところです。貴重な意見として真摯に受け止めて、さらなるサービス向上に繋げていきたいと考えています。

卒業後はWeb系企業への就職が多い

【Q】卒業後、生徒さんの進路はどのようになっていますか?

スマホアプリの開発会社とか、Webの制作会社、システムの受託開発をしているところが多いです。自社開発をしているところは一番難しいんですが、こういったところに入る方も結構いますね。
仕事を獲得するのは、経験年数が無くても、開発スキルの証明ができれば出来ると考えていて、その為に、弊社のカリキュラムでは作品作りに力を入れています。
あとは、どうすれば面接に繋がるのか・仕事獲得に繋がるのか、といったノウハウもあるので、それもあわせて教えています。魅力的なポートフォリオの作成の仕方や紹介文の書き方ですとか、仕事を探す際の各種媒体の使い方などをレクチャーしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です