【TechAcademy(テックアカデミー)体験談】評判・口コミを検証! ~卒業生 クロキさんの声〜

DSC_0471
受講スクール TechAcademy
受講期間 2ヶ月間
料金 約7万円
就職先 株式会社アウトソーシングテクノロジー

TechAcademy卒業生のクロキさん(21歳)にお話しをお伺いしました!

プログラマーを目指したきっかけは『リッチマン・プアウーマン』

【Q】プログラマーを目指す前のご経歴を教えていただけますか?

高校生の時、家庭の経済的な事情で高校を辞めなくてはならなくなってしまって、辞めた後は知り合いの人から紹介してもらった倉庫でのアルバイトをしていました。

その後、また知り合いの人に、今度は工場での精密板金の仕事を紹介してもらって、最初は勤務時間が長いと聞いたので正直嫌だなと思ったんですが、チャレンジしてみようと、この時初めて正社員として就職しました。
社員が5人位の小さいところで、初めの頃は何をしたらいいか全くわかない状態でした。しかも人数が少ない分、一人一人が全部の工程をできるようにならなくてはいけなかったので大変だったんですが、最終的には図面も書けるようになっていて、それはすごく自分の中で自信になりましたね。
ただ、かなり過重労働で、午前3時に仕事が終わって帰った後、午前6時には出社することがあったりと体力的にきつかったのと、あと経営が厳しくて将来性も不安だったので、続けていくのが難しいと思って退職しました。

退職した後は、1年位アルバイトをしていたんですが、未経験でも大丈夫だという建築の現場監督の仕事を見つけて、施工管理の経験を7年積めば建築士になれるということで、面接では建築士を目指したいと話しをして入社しました。
仕事では、現場の人と話をしたり、発注や管理といったことをやったんですが、すごく楽しかったですね。それに、現場監督の責任者としても起用してもらうことができました。

【Q】仕事を楽しまれていた中、どうしてプログラマーへの転職を考えたのでしょうか?

仕事では、CADを使った仕事もあったんですが、車が自動化されるということを聞いたりと、世の中が変わっていくことを感じる中で、いつかはこういった設計の仕事自体も、自動化されて無くなるんじゃないかと思って危機感を持ったんです。

そんな時に、『リッチマン・プアウーマン』というドラマを見たんですが、その中の世界がかっこよくて、今後の将来性も考えたら、これからはプログラマーだなと思ったんですよね(笑)。プログラマーを目指そうと思ったのは、このドラマがきっかけでしたね。
あとは、元々、目立つものを作ってみたいとも考えていて、プログラマーになって、SNSのサービスを作って広げていきたいと思ったんです。その時は、例えば結婚式といったようなイベントに、パフォーマーを手軽に呼べるようなサイトを作ってみたいなと思っていました。

どこよりも値段が安ことが決めてだった

【Q】プログラマーを目指す上で『TechAcademy(テックアカデミー)』さんを選ばれましたが、どういう理由からだったんでしょうか?

自分にとって、決め手は値段でした。探す時には、色んなスクールに資料請求をしたり、プログラミングの勉強ができるWebサイトとかも見たりしていたんですが、数十万円するものが多くて…。そんな中で、『TechAcademy(テックアカデミー)』さんは7万円と安くて、あと就職が決まればそのお金を全額返金するとのことだったので、ここにしようと決めました。

【Q】『TechAcademy』さんで勉強されてみて、いかがでしたか?

基礎的なところからスタートして、一通りプログラミングが組めるようになることを目指すという内容だったんですが、実際に組めるようになるには内容が足りないかな、と感じました。サーバーサイドのJavaを少し書いたくらいで、フロント部分はやらなかったですし、DBはデータのやりとりのみでした。

自分は2ヶ月間、毎日3~4時間くらい勉強をしていたんですが、家だと勉強に集中できないので、勤めていた会社の休憩室を借りて勉強をして、休日にはずっと籠ってやっていました。

『TechAcademy』さんにはチャット機能があって、質問をすると回答してもらえたり、あと週に2回・30分程、オンライ上で個別で質問できる時間があって、それは良かったですね
ただ、質問をしても回答そのものは教えてもらえなくて、ヒントになりそうなサイトを教えてもらえる、といった形でした。なので、かなり自主性が求めらるので、全くの未経験の人にとってはなかなか難しいんじゃないかと感じました。
でも、プログラミングの勉強をこれから学ぶ為の過程を知る、という意味ではいいんじゃないかな、と思います。

『TechAcademy』さん以外の候補はあったんでしょうか?

『TECH::CAMP』さんのイナズマコースというのがあって、これは2週間・合宿という形で、プログラミングの基礎から実践まで一気に習得できるという内容で、かなり魅力に感じていました。ただ、値段が60万円と高かったので、一度検討はしたんですが、結局は受けませんでした。

DSC_0425

信頼できる転職エージェントが親身に相談に乗ってくれた

【Q】授業終了後の就職活動はどうでしたか?

これまで、いくつも企業の面接を受けるということがなかったので、就職活動ははじめての経験ばかりでした。ほとんどの会社さんが面接では会社の説明をしてくれたんですが、海外に進出しているところが結構多くて、IT業界はアクティブなんだなと感じました。

自分は転職エージェントの就職サポートを利用したんですが、コンサルタントの方が親身になって相談に乗ってくれて信頼できたので、この人が勧めてくれる企業は全部受けようと思ってどんどん面接に行っていました。

客先常駐型で、エンジニアとして経験を積んでいきたい

【Q】最終的に株式会社アウトソーシングテクノロジーさんを選ばれましたが、決めては何だったんでしょうか?

まずは、研修がしっかりしているところがいいなと思いました。
あとは、やりたいと思っている開発の案件が多くあるということも魅力でした。基本的には客先常駐型なんですが、自分はこれからエンジニアの経験を積んでいく為に、色んな現場を回った方がいいと思っているので、この会社に入ることで、幅広い対応ができる力が付けられるとイメージできたことが、最終的な決めてになったんだと思います。

自分の中で完結しない。どんどん行動に移す

【Q】では、最後にこれからエンジニアを目指しているみなさんへアドバイスをお願いします!

自分の中で完結してしまわないで、ちゃんと行動に移すことが大事だと思います。
自分は高校中退なので中卒になるんですが、中卒だと、世間では建築現場といった肉体労働の仕事に就くものだと見られる風潮があると思っていて、実際、自分も周りからそう言われていました。
だからはじめは自分も、中卒で学歴の無い自分は肉体労働を選ぶものだと思っていて、事実、建築の仕事に就いて、仕事自体楽しかったんですが、これまでとは違うところに行きたいという気持ちも持っていたんですよね。
ITの方を考え始めた時には、周りからはITは頭のいい人が行くところであって、そんなところに中卒の自分が行ったらなめられるだけだ、と言われました。でもその時にそうか、と完結してしまわないで、「確かに学歴は無いけれど、無いものは無いんだからしょうがないじゃないか。結局は自分次第だろう。」と思ったんですよね。そこから自分でITについて調べて、プログラミングスクールに申し込んで勉強する、という行動に移して、最終的にプログラマー職の内定をとることができました。

世間で言われていることとか、周りから言われることをそのまま鵜呑みにして、何もしなくなってしまうというのが一番もったいないなと思います。なので、ITに進むことを迷われている方は、自分には難しいかもしれないと完結してしまわないで、どんどん行動に移していってほしいと思います!

DSC_0438

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です