【WebCamp(インフラトップ) 体験談 】 評判・口コミを検証! ~卒業生 サイトウさんの声〜

interview_main
受講スクール WebCamp(インフラトップ)
受講期間 半年
料金 約40万円
就職先 株式会社レンサ

WebCamp卒業生のサイトウさん(31歳)にお話をお伺いしました!

31歳。野菜の製造・販売職。未経験から、プログラマーを目指す

【Q】プログラマーを目指す前のご経歴を教えていただけますか?

正直、高校や大学の頃はずっと遊んでいて、友達と遊びに行ったり、あとはアルバイトばかりしていました。高校生の時は3年間、アルバイトとしてチェーンの寿司屋で寿司を作っていました。今思うと、この頃から物作りが好きだったのかな、と思います。
大学を卒業した後は、福利厚生がしっかりしているとう理由で工業ガスを販売している会社に営業として入社したんですが、新人つぶしと言われている営業所に配属されてしまい、あと、その会社が古い体制で上からの締め付けがひどくて、はじめは負けられないと思って頑張っていたんですが、約1年3ヶ月程で辞めてしまいました。

会社を辞めてからしばらくはフラフラしていたんですが、野菜の生産と販売をしている会社に勤めている友人から声をかけてもらって、アルバイトとして入社することになりました。そこでは、はじめに苗の生産作業をやったのですがそれが面白くて、あと、自分が育てた野菜が育ったリ、出荷されて店先に並べられたりするのを見るのが楽しかったですね。社員として採用もされて、最終的には約5年ほど勤めたんですが、責任者となって、パートさんのマネジメントも任せてもらいました。

【Q】責任者となって順調に勤めていた中、どうしてプログラマーへの転職を考えたんですか?

責任者となって、給料もそれなりにもらっていましたし、パートさんとの関係も良かったんですが、「このままこの会社にいても、将来を思い描くことができない」ということも思っていました。確かに新しいことを始めるのにはためらいがありましたが、「このままでいたらまずい」という気持ちが強かったです。

転職を考えた時は、プログラマーしか考えていませんでした。農作業をしていた時は、天候によって左右されてしまうんですが、天気が悪い日でも仕事をやれと言われて、効率が悪い中で作業をしなければならなかったんです。でも、プログラマーは、パソコンとスキルさえあれば、時間や場所にとらわれることがなく、かつ効率的に仕事ができるということを聞いて、プログラマーになろと思うようになりました。

入学審査が無く、自分も参加できると感じられたのが決め手

【Q】プログラマーを目指す上で、『Webスク』さんに入学されたということですが、こちらを選んだのはどういう理由だったんでしょうか?

他にもスクールは見ていたんですが、他のところは面接をやったり、プログラマーとしての適性が見られたりと、門戸が狭められていると感じることが多かったんです。その中で『Webスク』さんは面接がなく、門戸が広いと感じました。
あと、他の参加者とのコミュニティも作ることができそうで、横の広がりが強そうだと思ったというのも理由です。実際、同期の一人とは、授業を終了して就職が決まった今でも、定期的に連絡を取り合っていて、お互いの近況報告をしたり、面接の時には励まし合ったりしていました。色んな人との人脈を広げられた点はすごく良かったですね。

【Q】『Webスク』さんに入学される前に比較したスクールはありましたか?

他に見ていたスクールは、『TECH::CAMP(テックキャンプ)』さんなんですが、こちらは教材がしっかりしていたと思います。ただ、コースやサービス内容がよく変わっているという印象を持ちましたので、結果的に『Webスク』さんを選びました。

【Q】Webスクさんの授業はいかがでしたか?

プログラマーとして就職したい方向けのサービスというよりも、プログラミングに興味があるからちょっと勉強したいという人向けで学生さん向けという印象を持ちました。でも、今はそれだけではなく、社会人向けのコースも新しくできていて、自分の時もこれがあったら良かったなと思います。

30歳超えてのスタートでは就活は厳しいと聞いていたこともあり、周りと比べて自分は頑張らないといけない!と思って、退路を断つ気持ちで勉強していました。
クラスの中だと自分が一番できるようになっていて、その分周りに聞くことができないので、試行錯誤しながら全部自分で解決するようになっていました。

なので、自分は『Webスク)』さんだけではなくて、2ヶ月目以降は自分でプログラミングの勉強がWebサイトからできる『Progate(プロゲート)』とか『ドットインストール』を使ったり、本を買って独学で勉強をしていました。

interview_ sub

年齢で落ちる。不安を打ち壊したくて、ひたすら動いた

【Q】授業終了後の就職活動はいかがでしたか?

Webスクさんのキャリアコンサルタントの方はフレンドリーで良い方でした。
「一緒に頑張りましょう!」とサポートをしてくてたんですが、まず、30代と年齢が高いことでつまづいて、エントリーしてもほとんど書類で落ちていました。

途中から、「もっと自分で動いていかないとダメだ」と思って、オリジナルのポートフォリオを作って提出するようにしたり、あとは、転職エージェントや転職サイトも調べて利用したりと、どんどん自分から動いていきました。
当時、不安が大きかったんですが、この不安は行動で消すしかないと思っていました。とにかく行動しまくるようにしていたんですが、今思えば戦略的に計画を立てて、もっと効率よく動けば良かったなと思っています(笑)

【Q】いくつか内定をいただいた中、最終的に選ばれた会社さんの決め手は何だったんでしょうか?

初めて面接に行った時から、社員の方の雰囲気がいいなと感じていました。
そして、話をしている中で、「エンジニアを中心として会社が動いていて、エンジニアを大事にしている」ということをとても感じることができて、ここで働きたいと思ったんです。
面接では、20代・30代の方とお話しをしたんですが、みなさん、質問ではこれからのことを聞いてくれて、若い人がいる会社は過去ではなくて未来を見て考えてくれるんだなと感じ、そこもいいなと思いました。

周りの声ではなく、信じるのは”自分自身”

【Q】では、最後にこれからエンジニアを目指しているみなさんへアドバイスをお願いします!

ただ、「自分を信じろ」ということだけですね。周りから色々言われることもあると思いますが、それはあくまでその人の価値観であって、確かに一つの真実かもしれないけれど、雑音だと思って聞き流していいと思います(笑)
自分は30代のマイナススタートで、周りからはエンジニアは難しいと言われていましたが、そんな自分でも出来たんだから、みなさんも出来ると思いますし、20代であれば全然余裕だと思います。

まずは自分の価値観を信じる。そして、それを元にどんどん行動すること。受け身にならず、自分で動いてチャンスを勝ち取ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です