HTML 【フォーム】5 ~ input要素(3)ラジオボタンとチェックボックス

Help me? yes no check boxes

今回は、input要素で作る部品の中で、ラジオボタンとチェックボックスについてまとめます。

フォームについては、以下のページもご参照下さい。
HTML 【フォーム】1 ~ フォームの概要とform要素の属性一覧
HTML 【フォーム】2 ~ form要素の使い方
HTML 【フォーム】3 ~ form要素で使う主な属性の使い方
HTML 【フォーム】4 ~ fieldset要素とlegend要素
HTML 【フォーム】5 ~ input要素(1)フォーム部品一覧
HTML 【フォーム】5 ~ input要素(2)テキスト入力部品

目次

1.ラジオボタンの作り方
2.チェックボックスの作り方
3.他の属性で機能を追加

1.ラジオボタンの作り方

ラジオボタンは、<input type = ”radio”>で作れます。

ラジオボタンは、1つだけ選択できるボタンです。
1つ選択した後に他のボタンを選択すると、先に選んだボタンの選択が外れます。

ラジオボタン1
ラジオボタン2
ラジオボタン3

上の表示に対するhtmlコードは、以下の通りです。

<input type=”radio” name=”btn” value=”ボタン1” checked>ラジオボタン1
<input type=”radio” name=”btn” value=”ボタン2”>ラジオボタン2
<input type=”radio” name=”btn” value=”ボタン3”>ラジオボタン3

name属性で同じ名前を指定してグループ化を行い、value属性で個々の値を指定します。
そうすると、データ送信時に、「btn=ボタン1」のように、name属性の名前と value属性の値がセットで送信されます。

checked属性を指定すると、デフォルトで、指定したラジオボタン(上の例ではラジオボタン1)が選択された状態になります。

label要素で選択しやすくする

ラジオボタンには、一般的に選択肢のテキストを付けますが、ラジオボタンとテキストをlabel要素で関連付けると、テキストのクリックでも選択できるようになります。

label要素なし(テキストをクリックしても選択できません)

上の表示に対するhtmlコードは、以下の通りです。

<input type=”radio” name=”lb” value=”labelなし” checked>label要素なし(テキストをクリックしても選択できません)
<label><input type=”radio” name=”lb” value=”labelあり”>label要素あり(テキストをクリックしても選択できます)</label>

▲目次へ戻る

2.チェックボックスの作り方

チェックボックスは、<input type = ”checkbox”>で作れます。

チェックボックスは、いくつでも選択できるボタンです。

チェックボックス1
チェックボックス2
チェックボックス3

上の表示に対するhtmlコードは、以下の通りです。

<input type=”checkbox” name=”chb” value=”チェック1”>チェックボックス1
<input type=”checkbox” name=”chb” value=”チェック2”>チェックボックス2
<input type=”checkbox” name=”chb” value=”チェック3”>チェックボックス3

name属性で同じ名前を指定してグループ化を行い、value属性で個々の値を指定します。
そうすると、データ送信時に、「chb=チェック1」のように、name属性の名前と value属性の値がセットで送信されます。

上の例では指定していませんが、ラジオボタンと同様に、checked属性を指定すると、デフォルトで、指定したチェックボックスが選択された状態になります。

label要素で選択しやすくする

チェックボックスも、ラジオボタンと同様に、表示させるテキストをlabel要素で関連付けると、テキストのクリックでも選択できるようになります。

label要素なし(テキストをクリックしても選択できません)

上の表示に対するhtmlコードは、以下の通りです。

<input type=”checkbox” name=”clb” value=”labelなし” checked>label要素なし(テキストをクリックしても選択できません)
<label><input type=”checkbox” name=”clb” value=”labelあり”>label要素あり(テキストをクリックしても選択できます)</label>

indeterminateプロパティ

チェックボクスは、以前はチェックが付く、または、チェックが外れる、の2択でしたが、Javascript の「indeterminateプロパティ」というものを使って、どちらでもない状態の表示ができるようになりました。
indeterminate(インデターミネイト)は、あいまいな、不確定な、という意味です。


上の表示に対するhtmlコードは、以下の通りです。

<label><input type=”checkbox” name=”test” value=”あいまい” id=”aimai”>あいまい</label>
<script>
var aimai = document.getElementById(“aimai”);
aimai.indeterminate = true;
</script>

あいまい表示にしたいチェックボックスにid名を付けて、JavaScriptで名前を付けたidのindeterminateを true にしています。

▲目次へ戻る

3.他の属性で機能を追加

ラジオボタンとチェックボックスも、type属性以外の属性を使って、機能を追加することができます。

checked属性 デフォルト表示用にチェックを付ける
required属性 必須入力項目にする(未記入だと送信不可となる)
autofocus属性 HTML文書のロード後すぐにフォーカス(記入のために選択された状態に)する
form属性 form要素の外に出してレイアウトする
disabled属性 使用不可の状態にする

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です