jQuery【 fadein 】不透明度 をアニメーションしてフェードイン

colmun_main11747

jQuery の fadeIn メソッドを使用すると、画像やテキストを徐々に表示させることができます。
今回は、jQuery の fadeIn メソッドの使用方法について紹介します。

尚、徐々に非表示にさせる際に使用する fadeOut メソッドの使用方法についてはjQuery【 fadeout 】要素 をフェードアウトして非表示にをご参照下さい。

目次

 
1.fadeIn メソッド
2.fadeIn でフェードイン表示
3.フェードイン後にメッセージを表示

1.fadeIn メソッド

 
fadeIn メソッドは、要素の opacity( 不透明度 )をアニメーションすることによって、画像やテキストの表示に動きを付けるメソッドです。

fadeIn メソッドは、引数によって 2 通りの記述方法があります。

$(セレクタ).fadeIn( [duration] [, easing] [, callback] );

$(セレクタ).fadeIn( [options] );

fadeIn メソッドの引数の内容は、それぞれ以下の通りです。

.fadeIn( [duration] [, easing] [, callback] )

duration
フェードインの所要時間をミリ秒 又は 文字列( “fast” 又は “slow” )で指定
“fast”:200 ミリ秒、”slow”:600 ミリ秒
初期値:400

easing
フェードインの種類を指定
初期値:swing

callback
フェードイン後に実行する関数を指定

.fadeIn( [options] )

options
duration
フェードインの所要時間をミリ秒 又は 文字列( “fast” 又は “slow” )で指定
“fast”:200 ミリ秒、”slow”:600 ミリ秒
初期値:400

easing
フェードインの種類を指定
初期値:swing

queue
エフェクトのキューに、フェードインを追加するか否かを指定
false の場合、フェードインが直ぐに開始される
初期値:true

specialEasing
easing( フェードインの種類 )が指定された CSS プロパティを含むオブジェクトを指定

step
フェードインされるプロパティのための関数を指定

progress
フェードインの各ステップの後に実行する関数を指定

complete
フェードイン完了時に一度だけ実行する関数を指定

start
フェードイン開始時に実行する関数を指定

done
フェードイン完了時に実行する関数を指定

fail
フェードイン失敗時に実行する関数を指定

always
フェードインが完了しても完了せずに停止ししても実行する関数を指定

▲目次へ戻る

 

2.fadeIn でフェードイン表示

 
fadeIn メソッドを使用して、画像をフェードインで表示します。
「 フェードイン! 」ボタンをクリックしてみて下さい。
(「 非表示 」ボタンをクリックすると、表示された画像が再び非表示になります。)

 
 

 
上のサンプルのソースコードは次の通りです。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
<!--
$(function() {
  $("#btn1").on("click", function() {
    $("#wk_img").fadeIn(900);
  });

  $("#btn2").on("click", function() {
    $("#wk_img").hide();
  });
});
//-->
</script>

<div style="background-color : #CCC; height:300px; padding:20px 20px 10px;">
  <input type="button" id="btn1" value="フェードイン!">
  <input type="button" id="btn2" value="非表示">
 
  <img id="wk_img" src="img.jpg" style="width:200px; height:200px; display:none;">
</div>

上のサンプルでは、fadeIn メソッドの引数にフェードインの所要時間をミリ秒で指定しているので、900 ミリ秒かけて画像を表示しています。

上記のソースコードをそのまま試す場合は、画像の URL( img 要素内の src 属性の値 )にご注意下さい。
詳しくは、img要素をご参照下さい。

▲目次へ戻る

 

3.フェードイン後にメッセージを表示

 
fadeIn メソッドを使用して、フェードイン後にメッセージを表示します。
「 フェードイン! 」ボタンをクリックしてみて下さい。
(「 非表示 」ボタンをクリックすると、表示されたテキストが再び非表示になります。)

 

 
上のサンプルのソースコードは次の通りです。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
<!--
$(function() {
  $("#btn3").on("click", function() {
    $("#wk_p1").fadeIn(300);
    $("#wk_p2").fadeIn(1300);
    $("#wk_p3").fadeIn(2300);
    $("#wk_p4").fadeIn(3300,  function(){alert("フェードイン終了!");});
  });

  $("#btn4").on("click", function() {
    $("#wk_p1").hide();
    $("#wk_p2").hide();
    $("#wk_p3").hide();
    $("#wk_p4").hide();
  });
});
//-->
</script>

<div style="background-color : #CCC; height:300px; padding:20px 20px 10px;">
  <input type="button" id="btn3" value="フェードイン!">
  <input type="button" id="btn4" value="非表示">

  <p id="wk_p1" style="display:none;">1行ずつ</p>
  <p id="wk_p2" style="display:none;">時間を変えて</p>
  <p id="wk_p3" style="display:none;">フェードイン</p>
  <p id="wk_p4" style="display:none;">しています!</p>
</div>

上のサンプルでは、テキストを1行ずつ所要時間を変えて表示した後、最後に表示される fadeIn メソッドの第 2 引数で 関数を指定して メッセージを表示しています。

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です