jQuery【 jQuery UI 】resizable を使用してサイズ変更が可能なボックスを作成

colmun_main10420

jQuery UI の resizable を利用すると、自由にサイズが変更できるボックスを作成することができます。
今回は、resizable の使用方法について紹介します。

目次

 
1.resizable を使用してサイズ変更が可能なボックスを作成
2.resizable で最小サイズと最大サイズを指定
3.resizable のオプション

1.resizable を使用してサイズ変更が可能なボックスを作成

 
jQuery UI の resizable を使用して 自由にサイズが変更できるボックスを作成します。
ドラッグ & ドロップで ボックスのサイズを変更してみて下さい。

自由にサイズが変更できます!

 
上のサンプルのソースコードは次の通りです。

<script type="text/javascript" src="https://code.jquery.com/ui/1.12.0/jquery-ui.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="http://code.jquery.com/ui/1.12.1/themes/base/jquery-ui.css">

<script type="text/javascript">
<!--
$(function(){
  $("#wkBox").resizable();
});
//-->
</script>

<div id="wkBox" style="background-color:#CCC; display:inline-flex; padding : 20px;">
自由にサイズが変更できます!
</div>

対象となるボックスの HTML 要素を指定して resizable メソッドを呼び出すと、そのボックスのサイズを自由に変更できるようになります。

jQuery UI の導入についてはjQuery【 jQuery UI 】UI の導入と使用方法をご参照下さい。

▲目次へ戻る

 

2.resizable で最小サイズと最大サイズを指定

 
resizable を使用して 伸縮可能なボックスを作成する際に、ボックスのサイズについて 最小値と最大値を指定することができます。
ドラッグ & ドロップで 次のボックスのサイズを大きくしたり小さくしたりしてみて下さい。

一定の範囲内で伸縮可!

 
上のサンプルのソースコードは次の通りです。

<script type="text/javascript" src="https://code.jquery.com/ui/1.12.0/jquery-ui.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="http://code.jquery.com/ui/1.12.1/themes/base/jquery-ui.css">

<script type="text/javascript">
<!--
$(function(){
  $("#wkBox2").resizable({
    minHeight:50,
    minWidth:220,
    maxHeight:400,
    maxWidth:600,
  });
});
//-->
</script>

<div id="wkBox2" style="background-color:#CCC; display:inline-flex; padding : 20px;">
一定の範囲内で伸縮可!
</div>

ボックスサイズを無制限に伸縮OKとすると、ボックスサイズを小さくした場合に ボックス内のテキストがボックスの外にはみ出して表示されてしまうなど、意図しない結果が生じる可能性がありますが、サイズの最小値や最大値を設定することで そのような不具合を回避することができます。

▲目次へ戻る

 

3.resizable のオプション

 
上のサンプルでは オプション「 minHeight 」や「 maxWidth 」を設定しましたが、resizable には、他にも次のようなオプションがあります。

minHeight 最小の高さを指定
初期値:10
minWidth 最小の幅を指定
初期値:10
maxHeight 最大の高さを指定
maxWidth 最大の幅を指定
aspectRatio 幅と高さの比率を指定
初期値:false
grid グリッドに沿って大きさを変更
初期値:false
ghost 半透明のボックスで大きさを変更後、実際のボックスの大きさを変更
初期値:false
animate アニメーション動作をしながら、サイズを変更
初期値:false
handles ドラッグできる場所を指定
nw:左上、n:上、ne:右上、w:左、e:右、sw:左下、s:下、se:右下
カンマ(,)区切りで、複数指定可
初期値:”e,s,se”

▲目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です